船橋市は近郊も含め、ほとんどの葬儀社が、家族葬の各種プランを設けています。家族と近しい親類縁者、故人と特に親しかった友人のみの参列ながら、通常の葬儀と同じように2日かけてお通夜と告別式を行うプラン、お通夜を行わず、告別式のみの一日葬、お通夜も告別式も行わない火葬式など、大きく分けて3つのプランが用意されています。それぞれのプランともに、参列する人数で価格が変わってきますが、比較サイトなどでは、親族10名、一般5名ほどで基本価格が掲載されていますので、参考にすると良いでしょう。家族のみの参列であっても、祭壇などは通常の葬儀と同じようにしたいのか、家族以外、故人の友人など一般の参列者の人数も増やしたい場合など、希望する式典の形式や規模で価格が変わってきますので、その辺りは早めに考えておくほうが、いざというとき慌てずに済みます。

3種類ある葬儀プランの違いを把握

船橋市の葬儀場のほとんどが、家族葬のプランを用意していますが、大きく分けて3種類の形式があります。お通夜も告別式も行う2日間の通常プラン、告別式のみ行う一日葬、お通夜も告別式も行わない火葬式です。もっとも価格が低いのは、直葬とも称される火葬式です。10万円ほどのプランもあれば、葬儀社によっては20万円を超えるものもあります。一日葬では、25万円前後から、高額なプランでは50万円以上になるプランもあります。お通夜も行う通常タイプでは、35万円ほどから、85万円ほどという開きがあります。それぞれ、施設の規模や祭壇の種類によって大きな違いが出てきます。基本が安価でもいろいろ加えていくと高額になることもありますので、葬儀社ごとの料金体系を確認しておくことも大切です。

葬儀費用の上限を決めてからプランを選択

船橋市の葬儀社は、各社特色のあるプランを用意しているだけに、同じ種類の家族葬プランでも、10万円以上の開きがある場合がありますので、用意できる葬儀費用の上限をきっちり決めてから葬儀社とプランを選んでいくほうが、あとあと悔いを残さずに済みます。お通夜の有無や、火葬式かという点とともに、家族以外の親類縁者の参列は何名くらいになりそうか、故人の親しい友人は何名かという、参列人数の把握はしっかりしておいたほうが、それぞれのプランの価格を比較しやすくなります。価格によって葬儀社を選ぶことも大事ですが、葬儀を行うホールが自宅からアクセスが良いかどうかや、遠方からの親類が訪れやすいかどうかの見極めも大切です。船橋市はターミナル駅周辺に、家族葬も行えるホールが点在していますので、価格とともに、それぞれの場所も確認しておくと良いでしょう。