船橋市周辺の葬儀会社で執り行われている葬儀の形式はいろいろとありますが、よく選ばれることが多いのは4種類の形式だといいます。もちろん、ほかの都道府県でも同じで、地方によっては独特の形式の葬儀がありますが、それでもこの4種類の形式が一番選ばれることが多いということです。直葬、一日葬、家族葬、それから一般葬です。一般葬は昔から選ばれてきた葬儀の形式で、参列したことがあるという人が一番多いお葬式の形だといえます。直葬は亡くなってからすぐにご遺体を火葬場へ搬送し、荼毘に付して、後日改めて葬儀を執り行うというときに選ばれています。社葬を行う予定がある場合などに選ばれることが多いといいます。一日葬は葬儀を執り行うには日が悪いということで少し間をあけて行うときなどに選ばれることがあります。一日でお葬式まで終わらせるので、ワンデーセレモニーとも呼ばれています。

遺族の方がゆっくりと故人を見送ることができる

家族葬とは、家族や親族、ごく親しい人のみで葬儀を執り行い、故人を静かに見送りたいというときに選ばれることが多い形式です。一般葬と同じ流れで、お通夜やお葬式なども行いますが、少人数で行うので、遺族の方への負担が少し軽いというのが特徴です。遺族の方が故人をゆっくりと見送ることができるということで、最近は船橋市などの大都市圏などで執り行われることが増えてきています。お香典やお供物をいただかない、という点が一般葬とは違いますが、参列者の方へのおもてなしなどをする負担が少なくなるのも選ばれる理由だといえます。ただし、お香典がないということは収入がないということなので、葬儀費用はすべて自己負担ということになります。そのことも理解してこの形式で葬儀を執り行うことが大切です。

あらかじめ葬儀会社を探しておくのもいい

船橋市周辺の葬儀会社を利用して家族葬で故人を見送りたいけれど、どこの葬儀会社なら家族葬を執り行うことができるのか、ということで迷う遺族の方もいます。病院で葬儀会社を紹介してもらうこともできますが、遺族の希望に合った葬儀を執り行いたいというときには、葬儀会社を探すことができる検索サイトを利用するといいです。船橋市でこの形式を執り行っている葬儀会社を探すことができます。また、故人の生前の希望でこの形式を執り行いたい、という場合は、あらかじめ遺族や故人の希望に合った葬儀を執り行うことができる葬儀会社を見つけるために、何社かの葬儀会社のスタッフと相談してみるのもよいです。この形式は自由なので、いろいろと遺族や故人の希望をかなえることができるのも選ばれる理由のひとつです。