首都圏のみならず、全国で増える傾向にある家族葬。船橋市近郊でも、家族のみでの葬儀を行う方が増えています。実際にその形式を選んで葬儀をした方の口コミを調べますと、葬儀社の細やかな対応に感謝する言葉が散見され、悲しみのさなかにある遺族への対応のよしあしがカギであることがわかります。その反面、費用を抑え目にできるはずの家族葬だったにもかかわらず、料金設定よりも高額の見積もり額を提示され、実際の支払いではさらに上乗せされてしまったという不満も見られます。家族のみの葬儀であっても、概ね3つのプランにわかれ、葬儀社によっても料金設定に大きな幅があるだけに、その点の見極めが重要であることがわかります。実際に利用された方の口コミ情報は、事前に得ておいて損はありません。

プランの選び方で変わる料金設定

家族葬という概念自体、葬儀の形式においては比較的新しいものだけに、各葬儀社が設定しているプランや料金には、葬儀社の数だけ違いがあると言っても過言ではありません。実際の葬儀での祭壇の飾りつけや葬儀の流れそのものは、葬儀社の規模やホールの構造によっても変わってきますが、葬儀のタイプとしては、船橋市近郊のどの葬儀社においても、ほぼ3つに大別されます。1つめはお通夜と告別式を2日間かけておこなうスタイルで、参列者が家族と親族、故人の親しい友人のみといった限られた人数での式典という以外、通常の葬儀とほぼ同じ形式で行われます。2つめはお通夜を執り行わず、告別式のみの一日葬です。ワンデーセレモニーなどとも呼ばれ、比較的選ばれやすい形式となっています。3つめはお通夜も告別式も行わない、火葬のみの火葬式です。直葬とも呼ばれ、もっとも費用がかからないことから、こちらも船橋市で選ばれやすくなっている形式です。

あらかじめ概要を知っておくことが大切

船橋市でも、3つの形式のうち火葬のみの直葬を選ぶ方が増えてきています。JR船橋駅からバスで15分ほどのところにある公営の馬込斎場では、通常の葬儀が行えるホールもありますが、直葬プランでの葬送を設定している葬儀社が多くみられます。病院で亡くなった場合、すぐに自宅か葬儀をおこなうホールなどに搬送しなくてはならないため、病院などで勧められる葬儀社を慌てて選んで、結果、家族葬にもかかわらず、思わぬ高額な支払いを余儀なくされるというケースも散見されます。事前の準備は縁起が悪いという考え方もありますが、大切な家族が亡くなった直後に、料金のことで後悔が残っては故人も浮かばれません。どの葬送形式を選ぶにしても、あらかじめ概要を知っておくことは、必要なことと考えられます。