お葬式にはいろいろな形式のものがあり、遺族の希望にそってそのなかから選ぶことができるようになっています。船橋市の葬儀会社では、大体4種類の形式のなかから選ばれることが多いといいます。もちろん、船橋市以外の葬儀会社でも4種類の形式のなかから遺族の希望にあったものを選ぶことができるようになっています。4種類は、まず、直葬、一日葬、一般葬、そして家族葬です。直葬は亡くなってからすぐに火葬場へご遺体を搬送して火葬をしてしまいます。そして後日改めて葬儀を行うという形式です。一日葬は亡くなった翌日に通常ならお通夜をするのに日が悪くてできないなどの理由で間をあけるときに選ばれることがあるといいます。一日で葬儀まで執り行ってしまうので、ワンデーセレモニーとも呼ばれることもあります。

故人をゆっくりと見送ることができる

家族葬はその言葉通り、家族や親族、ごく親しい人だけで執り行うという形式の葬儀です。故人をゆっくりと見送ることができるので、遺族の方に選ばれやすい形式だといえます。最近は船橋市など都市部で選ばれることが増えてきているといいます。家族や親族だけなので、参列者の方に気を使う必要もなく、ゆっくりと故人を見送ることができるということで選ばれることが多いです。形式は、一般葬の縮小版と考えるとわかりやすいです。葬儀の流れは一般葬と同じですが、参列する人数が少ないので、ゆったりとした時間を遺族の方たちが過ごすことができるのがいいです。お香典などをもらうこともないので、お礼状などを出す必要もなく、葬儀をするにも手間をかけることないのも選ばれることが多い理由です。

一般葬との違いを知っておくといい

家族葬と一般葬の違いは、やはりお香典がないかあるか、ということです。お香典があるとお礼状や返礼の品なども準備せねばならず、遺族は葬儀の間ゆっくりとすることができる時間などはまったくないといえます。一般葬は、事前準備が大変な場合が多いです。たくさん列席者がいますし、看板や忌紙、駐車場や会場の手配もしなければいけないので遺族が故人を見送ることができたり、ゆったりと思い出話などをする暇もないほどです。出来るだけシンプルに行いたい、参列者も少ないので連絡する人も限られていて会場も小規模な場所、もしくは自宅で行いたいという遺族が選ぶことが多いのが家族葬だといえます。一般葬の縮小版と考えるといいですが、参列者などに食事などを準備しなくてもいいというのも遺族にはいいといえます。